ペク・チヨン ニュース

2016/10/05

ペク・チヨン、ドラマ「雲が描いた月明かり」OSTに参加

“OST(劇中歌) の女王”ペク・チヨンが、KBS 2TV月火ドラマ「雲が描いた月明かり」のOSTに参加した。
ペク・チヨンが歌ったのは、「雲が描いた月明かり」の9番目のOST「Love Is Over」。



「Love Is Over」はドラマの音楽監督と「懐かしくて懐かしくて」(ラオンバージョン) を歌った歌手Beigeが共同作曲した曲となっており、主人公のイ・ヨン(パク・ボゴム) とホン・ラオン(キム・ユジョン) の別れのテーマ曲。愛する人との別れに胸を痛めながらも受け入れる切ない気持ちが、美しくはかないメロディと歌詞で表現されている。

ペク・チヨンは感情の高ぶりをオーケストラとピアノを背景に情感たっぷりに表現、ドラマティックな歌声で別れのシーンをより一層盛り上げている。
今後、益々切なさを増すドラマ「雲が描いた月明かり」。
ドラマにもペク・チヨンの歌声にも注目だ。